宮城 アルバイト看護師

麻薬外用

癌性疼痛を緩和する為に使用されている麻薬には、坐剤、パッチ、テープなどの外用薬もあります。
外用とは言っても麻薬ですから、取扱いは注射や内服など、他の医療用麻薬と同じ取扱いをしますね。
他の麻薬同様に、病棟内で管理はしていませんから、処方箋と印鑑を持って、院内の薬局に出向き、
薬剤師と一緒に個数や薬剤名などをダブルチェックしながら、捺印をして受け取ります。
病棟に戻ってからは、鍵付きの金庫に保管するんですよ。
病棟内で麻薬を管理している間は、毎日金庫の中の麻薬の数を数える必要があります。
これらはすべて2人の看護師で行なうんですよね。
常にダブルチェックする事が大切です。

 

麻薬外用をする時には、看護師2人で金庫を開けて、日時を記載して患者さんのところに行きます。
そして、パッチを貼ります。
パッチ交換をする際には、交換の日時をパッチに記載するんですよ。
パッチは、汗などをしっかり拭き取ってから貼ります。
基本的には、前胸部から上腕に貼って、貼った部位も記録に残しておきます。
ただ、患者さんが剥がしてしまう可能性がある場合には、手が届かないような場所に貼るようにしますね。
パッチを貼っていても、シャワーや入浴をする事は可能です。
交換したパッチは、つい捨ててしまいたくなりますよね。
でも、麻薬パッチは、剥がした物も薬局に返却する必要があります。
間違って捨ててしまうと、ゴミを漁ってでも探さなくてはいけないので、大変ですよ。(>_<)

 

麻薬内服も、副作用が起きる場合があります。
ほとんどの方が便秘になるので、その際には下剤でコントロールしますね。
その他、嘔吐が見られる事もあります。
痛みがどの程度緩和されているかのチェックも必要です。(^_?)?☆